TEACHER

Canで働く先生

Canでならば、自分はもっと変わり、可能性を開花させられると感じました

本田瑛次

本田瑛次
成長を強く実感したとき、それが私のCanに入社したいと思うようになった瞬間です。
 学生時代、私は塾のアルバイトをしていました。塾の役割は子どもの成績を上げること、第一志望校に合格させることだと思い、自分なりに一生懸命に子どもと関わっていました。自分の関わりによって、子どもの成績が上がったり、喜んでくれたりするのが嬉しく、塾の先生として働きたいと思い、就職活動をしていました。そのような中で、Canを見つけ、会社説明会・選考会に参加することにしました。
 一次選考の際に、社長自らがCanの理念について話をして下さいました。「親に感謝し、何事にも感謝し、素直で謙虚で日々成長できる人間に育てている。」と。「子どもの人間性を育て、可能性を開花させる教育をしている」と。
当時私は、塾の役割は、成績を上げること、志望校に合格させることであり、それ以上のことはできない、する必要はないと思っていました。
そう思っていることを正直に社長に伝えました。
すると、「それは違うよ。それは学習塾としての最低限の使命であって、そこに人間性教育を加えることで、私たちの存在している意味があるんだ。」と言葉を頂きました。ひと言の言葉でしたが、私に衝撃が走りました。
 自分にとって当たり前だと思っていた価値観は最低限のものであり、もっともっと自分の価値や能力を発揮し、もっともっと子ども達のためにできることはあったのだと。まるで自分が生まれ変わったように感じました。今まで子ども達に対して、本当に最低限のことしかしてこなかったのだと、実感しました。
 自分の価値観は間違っていることに、気づかせてもらえる経験など今までありませんでした。たった数分の関わりで、自分を変えて下さったことに感動しました。Canでならば、自分はもっと変わり、可能性を開花させられる。そう思い入社を決意しました。

RECRUIT

説明会・応募について

CONTACT

千葉県成田市公津の杜2丁目14-2 信水舎ビル

0476-20-5766

平日 12:00〜22:00